@¢*★∞ お宝日記 ∞★*¢@


2002/08/15(木)
退団公演
2002/04/06(土)
殉情
2002/01/12(土)
Rose Garden
2002/01/12(土)
愛燃える
2001/12/16(日)
花の業平/サザンクロス・レビューII
2001/11/14(水)
Dawn
2001/10/30(火)
ミケランジェロ/VIVA!
2001/09/15(土)
大海賊/ジャスマニア
2001/08/28(火)
大海賊
2001/07/31(火)
宙組2列目観劇♪
2001/07/27(金)
zunkoティーパーティ
2001/07/16(月)
宙組「ベルサイユのばら」 〜その2〜
2001/07/14(土)
宙組「ベルサイユのばら」 〜その1〜
2001/06/13(水)
棚ぼた公演! お芝居編
2001/05/26(土)
猛き黄金の国
BACKNEXT
2002/08/15(木)
退団公演

早いもので、明日は雪組東京公演の幕があく。
5ヶ月前には「殉情」の初日、その時には1作退団なんて思いもしなかった。
でもチャーリー(匠ひびき)の1作退団が現実のものとなり、まさかとおもっていたぶんちゃん(絵麻緒ゆう)まで「劇団側の意向」で同じこととなるとは。
チャーリーの時は怪我もあったし・・と、驚きの中にも半分はしかたないのかな?と思っていたけれど、ぶんちゃんの退団記者会見を見て、開いた口がふさがらなかった。
長年舞台の中心に立ってきた生徒に対する劇団側のあまりの仕打ちに腹が立った。
だが、はっきり言ってくれたぶんちゃんに拍手を送った。

2年前に専科制度が出来たときに、これは若返りを図るための姥捨てか?と思ったことが現実となって表れた。
現時点で専科に所属する生徒は、通常公演の舞台にどれだけ立っているのだろう。
外部出演が続き、外の空気を吸うことで力を付けてはいても、それを発揮するホームステージでの出演機会が少ないのではなかろうか?
そして外部の舞台に立ち、生き生きとしている生徒さんをみて、劇団に戻って冷遇されるのなら、このまま外部へ出て行った方が活かされるんじゃないの?とも思う。

私は特定の生徒に入れ込んでしまうタイプではないが、今回のことで宝塚への見方が変わったことも確かで、純粋に「素敵〜!!」「かっこいい〜〜!」とはしゃいでばかりはいられなくなった。
「冷めた」「覚めた」「醒めた」「褪めた」 そう、「さめた」のである。
このお宝日記も4月以降ぷっつり進まなくなった。
4月は月組「ガイズ&ドールズ」、「風と共に去りぬ」、5月花組「琥珀・・」、7月「フォーチュン・クッキー」
コンスタントに観劇して、楽しんでいる。でも、書くだけの気持ちの高揚がない。書いたとしてもそれはタダの報告にすぎない。
それなら観なくていいんじゃないの?との声がどこからか聞こえてきそうだけど、もう30年近くファンしていると、それが習慣化されていて、顔を洗うとか歯を磨くとかと同じになってきている。
この「さめた」気持ちを払拭してくれるスターさんが表れるのを待つしかないようだ。が、今、劇団側の押す若手スター達の中には・・いないかも。

ここでごちゃごちゃ言ったところで、どうにもならないことは分かっている。
明日には幕が開き、そして幕は降りる。
私はその日の舞台を精一杯つとめている生徒さん達に、拍手を送りに出かけていこうと思う。2度と無い舞台をこの目で観るために。